やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2017/02/21
確定申告Q&A/クレジットカード納付

[相談]

 クレジットカードにより国税の納付ができるようになったと聞きました。具体的にはどのような税目について、いつから納付できますか?


[回答]

 利用可能な国税は次のとおりです(国税庁「クレジットカード納付のQ&A Q1-1より」)。また実際の適用は、平成29年1月4日以降の納付手続きからとなっています。

  • 申告所得税及び復興特別所得税
  • 消費税及び地方消費税
  • 法人税(連結納税を含む)
  • 地方法人税(連結納税を含む)
  • 相続税
  • 贈与税
  • 源泉所得税及び復興特別所得税(告知分のみ)
  • 源泉所得税(告知分のみ)
  • 申告所得税
  • 復興特別法人税(連結納税を含む)
  • 消費税
  • 酒税
  • たばこ税
  • たばこ税及びたばこ特別税
  • 石油税
  • 石油石炭税
  • 電源開発促進税
  • 揮発油税及び地方道路税
  • 揮発油税及び地方揮発油税
  • 石油ガス税
  • 航空機燃料税
  • 登録免許税(告知分のみ)
  • 自動車重量税(告知分のみ)
  • 印紙税

  • ※1「告知分」とは、国税通則法第36条の規定により、税務署長が行う納税の告知を指します。
    ※2 印紙を貼り付けて納付するなど、納付書を添えて納付されない税目は除きます。なお、源泉所得税及び復興特別所得税(告知分以外)、源泉所得税(告知分以外)は、平成29年6月からの開始を予定しています。

 その他詳しいことは、国税庁サイトにてご確認ください。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
垣見和成公認会計士事務所
〒496-0045
愛知県津島市東柳原町2-27
TEL:0567-74-3800
FAX:0567-74-3801
メールでのお問合せ